スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静止画の動画化:QuickTime Pro

iMovie関連で検索している最中に、QuickTime Proでどどどっと読み込むという話にいきあたりまして、更に検索をしてみたらこのような記事に!

kamimura.com Blogさんの記事

インターバル撮影した画像を動画にする方法
QuickTime Pro編
より

インターバル撮影した画像データIMG_000x.jpgとかを1つのフォルダに入れて、QuickTimeで「イメージシーケンスを開く」で一番最初に撮影した画像ファイルを選ぶ。

その後、撮影間隔、最終的な動画の時間などから、1秒間に何枚使うか選ぶ。
普通は1秒に30枚から1秒に数枚程度にしておけばいいと思う。

その後、ムービーに書き出すには、「書き出す」、「ムービーからQuickTimeムービーに」とかを選んでフルHD(1920×1080)とかで書き出して、動画編集ソフトで最終的に加工すればいいと思う。


ほおおおおおおーーーー。
しかも、大きいサイズで書き出しして、iMovieでトリミングすると!
静止画を取り込んで云々より取り扱いも楽なような。
スライドショー用のエフェクトはかからないし、複雑な編集もないし。

iMovieの編集の仕方がよくわからないのはまた別のお話として、大変勉強になりました。


おまけというか、基本。
AppleのiMovieサポートページ
http://www.apple.com/jp/support/imovie/

ディスカッションルーム(日本語) - iMovie
https://discussionsjapan.apple.com/community/ilife/imovie

COMMENT - 4

みゆき  2009, 08. 05 [Wed] 09:15

ふぉーー

身近なところにありましたね

ってか、プロって別料金では

Edit | Reply | 

kamba  2009, 08. 05 [Wed] 12:35

DJV Imaging

単に連番ファイルをムービー化するのであれば、DJV Imagingというオープンソースのソフトなんてどうでしょう?
本来は連番ファイルをリアルタイムでプレビューするソフトの様ですが、再生スピードやファイルの並び替えなんかも出来るようですし、それをQTで出力出来ます。
インターフェイスがMacライクでないですが、、、
http://djv.sourceforge.net/

Edit | Reply | 

ばじぃ  2009, 08. 05 [Wed] 15:21

>みゆきさん
動画の変換用にプロにしてたんですよ~。
ほとんど使ってなかったんですが、もりもり活躍してくれそうです。

Edit | Reply | 

ばじぃ  2009, 08. 05 [Wed] 15:25

>kambaさん

情報、ありがとうございます!
立ち上げたらメニューバーが寂しくてびっくらしました(笑)。なるほど~。
こちらでも遊んでみようと思います。
ありがとうありがとう。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。